十代目稲右衛門

陶歴

昭和二十四年九代目稲右衛門の長男として丹波立杭に生まれる
四十三年父より伝統ある登り窯にて丹波焼きの技法を学ぶ
四十六年丹波陶友会発足 会員となる
 グループ展多数開催(神戸そごう、ヤマトヤシキ他)
五十八年十九年、名古屋三越にて個展
 六十年十代目稲右衛門襲名 穴窯築窯
 京都大丸にて個展 以後平成七年まで毎年開催
 岐阜近鉄にて個展 以後平成十一年まで毎年開催
六十二年横浜松阪屋にて個展
 登り窯築窯
六十三年東京大丸にて個展
平成元年東京大丸にて個展
三年大阪三越にて個展 以後隔年毎に平成七年まで開催
五年奈良そごうにて個展 以後隔年毎に平成十一年まで開催
九年・十年三越にて個展
十年・十二年・十五年京都大丸にて個展
十五年フランチェスコ大聖堂(イタリア、アッシジ)の中庭に
 設置の水琴窟制作
 他各地にて個展開催、現在に至る

上中剛司

陶歴

昭和五十七年生まれる
平成十三年兵庫県立陵高等学校卒業
十四年京都府立陶磁器訓練校卒業
十五年京都市工業試験場修業
 父、十代目稲右衛門に師事する
十八年グループ窯会員